車とライフスタイルの関係

海06現在はマイカーと言われた一家に一台と言う時代から大きく変化し、マイカーを持たない方が多くなってきた時代であります。
近年に見るカーシェアリングやレンタカーなどのサービスの充実や、マイカーを維持する為の費用が高額な為に、あえて持たないと言う選択をする方も少なくありません。
しかしながら、ライフスタイルの中での車の影響と言うものは、所有するのか、レンタル、或いはシェアなのかを問わず、何かしらのかたちで人々に依存しているのではないでしょうか。
カーシェアリングや、レンタカーがどれだけサービスが良いものになろうとも、所有する喜びは味わうことはできません。
そして都内などで特に言えることが、公共交通機関がどれだけ張り巡らされても、マイカーがそこにあると言う利便性にはかなわないのです。
それだけに人々はマイカーと言うものに依存していると言えます。
また、マイカーがそこにあれば単なる乗り物、或いは移動手段だけではなく、心をもみたしてくれる存在にもなるのです。
一人でハンドルを握り、好きな音楽をかけ、好きなところへ気の向くまま走り出せば、そこは自分だけの空間になり、心地の良いスピードと緊張感に心が癒される時間にもなるのです。
それだけにライフスタイルに溶け込んでいる乗り物と言っても良いでしょう。