‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

車をカーシェア利用するデメリット

2014/07/25

カーシェアリングは購入費用や維持費用が不要となるメリットがありますが、デメリットも理解しておく必要があります。
現在の仕組みとしてはカーシェアリングは借りた場所でしか返却を行えないため、自宅近辺に利用できるステーションがない場合、そこまで移動する必要があります。
自家用車であればいつでもすぐに利用することができますが、カーシェアリングでは希望した時に絶対に利用できる保証はありません。そのため、緊急時に不便になります。
使用時のルールとして、車内は禁煙、ペットはケージに入れなければいけないなどが定められているため、それほど問題になることはありませんが、直前の利用者のモラルが低い場合、車内にゴミが残ったままになっており、不快な思いをすることがあります。また、見かけ上はゴミなどがなくても、どのような使い方をされたのか分からないため、潔癖な人は利用しにくいです。
返却時にガソリンを満タンにしなければならないという規則がないため、利用しようとしたらガソリンが空に近く、すぐにガソリンスタンドに行かなければならないことがあります。
レンタカーと比べると利用できる車種が少なく、軽自動車や普通車のようなタイプの選択はしやすいですが、特定の車種の指定は難しいです。また、ワンボックスのような大型車を扱っている会社が少ないです。

車をカーシェア利用するメリット

2014/07/25

カーシェアリングには次のメリットがあります。
車の購入費用や保険料、駐車場代や各種メンテナンスにかかる費用が不要となるため、お金を節約できます。
利用の5分前でも予約を入れられるので緊急時でもすぐに利用できます。ただし、必ずしもステーションに利用できる車があるとは限らないので注意が必要です。また、同様にキャンセルも利用時間の直前まで受け付けているため、急に利用できなくなった場合でも無駄になりません。
予約はパソコンや携帯端末で行え、来店する必要がないため手軽です。
保険に入る必要はありませんが、利用料の中に対人・対物補償などの料金があらかじめ含まれているため、万一事故を起こしてしまった場合でも安心です。
ガソリンを満タンにして返却する必要がないため、返却前にガソリンスタンドに立ち寄る手間がかかりません。また、利用料金にガソリン代も含まれているため、ガソリンが減ってきても別途料金がかかることはありません。
車内を汚したまま返却した場合や社内喫煙した場合のペナルティがあるため、車を利用するときに車内が汚れていることが少ないです。
24時間利用が可能であり、レンタカーのように営業時間による時間制限があったり、深夜割増料金になることがありません。
利用可能なステーションも多く、出張先や旅行先などでも利用できます。

車をカーシェアして利用する

2014/07/25

カーシェアリングには次の特徴があります。
車の購入費や各種維持費が不要になるため、車の利用回数が少ない場合は所有するよりも安くなります。
24時間利用でき、利用の直前でも予約可能であるため、緊急時でも利用しやすいです。ただし、必ずしも利用したいときに車があるとは限りません。土日は借りにくいことも多いです。
車を汚したまま返却するとペナルティがあるため、比較的きれいな状態の車を使用できます。ただし、自分も不注意で清掃を忘れるとペナルティを受けることになるので注意します。また、十分な清掃がされるわけではないため、気になる場合は所有やレンタカーの方が良いです。
会員登録していれば様々な地域で利用することができるため便利です。しかし、地域によって利用可能なステーションの数に違いがあり、また、利用したステーションと同じ場所に返却しなければならないため、近場にない場合には不便です。
利用料金に各種補償の料金も含まれているため、万一の場合も安心です。ただし、補償には上限があります。また、非会員の運転や警察に届け出ない、飲酒をしていたなどの行為がある場合には適用されないので注意します。
ガソリンを満タンにして返す必要がないため、給油の手間が省けます。
利用料金は距離とは関係なく時間制になっており、時間前に返却してもお金は戻りませんが、遅延すると延滞料金が発生するので適切な時間で予約する必要があります。

車をレンタル利用するデメリット

2014/07/25

レンタカーを利用する場合、デメリットもあるので注意が必要です。
レンタカーは維持費がかからずに経済的と言われます。しかし、利用料金にはレンタル料の他にも万一の補填のための費用も含まれており、毎日のように利用する場合には高くなります。
店舗が多いとはいえ近場にあるとは限らず、場合によっては店舗までの移動に時間がかかります。
比較的予約は取りやすいですが、人気のある車種は予約が取りにくいこともあります。また、繁忙期には予約が取りにくく、料金も高くなることがあります。
車を自分の好みにカスタマイズすることができないため、車を弄りたい人には向いていません。
車のナンバープレートが「わ」ナンバーになるため、レンタカーを利用していることが周囲から分かります。そのため、人によっては恰好悪いと感じることがあります。
様々な車種を利用することができますが、頻繁に異なる車種を利用しているとその車に慣れていないため、事故を起こしやすくなる可能性があります。
レンタカー会社によって異なりますが、ガソリンを満タンにして返却しなければならないことが多く、返却前にガソリンスタンドを探す手間がかかります。
店舗の営業時間によって利用できる時間に制限があります。24時間営業の場合でも深夜に利用開始、または返却する場合、深夜料金がかかります。

車をレンタル利用するメリット

2014/07/25

レンタカーの利用には様々なメリットがあります。
車を所有する場合に必要となる購入費や、駐車場代や保険料、車検やメンテナンス費用などの維持費が不要となります。そのため、週末にしか使用しないなど、利用頻度が少ない場合には経済的になります。
保険に入っていなくてもレンタカー会社で保険に入っており、補填のための料金が利用料金に含まれているため、万一の場合でも安心です。
利用目的に合った車を利用することができます。利用可能な車種には軽トラックなどもあるため、荷物に運搬を行う際に便利です。また、業務用にバスなどをレンタルする会社もあります。
様々な車種を利用できるため、同じ車を利用し続ける必要がなく、飽きがありません。利用できる車も比較的新しい年式のものが揃っています。車を購入する際の検討材料として利用することもできます。また、料金は高くなりますが、購入が難しいような高級車をレンタルすることもできます。
洗車や設備のチェックなどのメンテナンスを自分で行う必要がなく、頻繁にメンテナンスが行われている車を利用できるため安全性が高いです。
都市部では利用可能な場所も多くあり、手軽に利用できます。また、店舗があれば出張先や旅行先でも利用することができます。

車をレンタルして利用する

2014/07/25

レンタカーには次のような特徴があります。
使用するときだけレンタルするので駐車場が不要になり、費用を節約できます。しかし、店舗が近場にない場合、利用時・返却時には店舗まで行かなければならないので不便になります。
自動車保険に入る必要がないので保険料が節約できます。ただし、実際にはレンタルの際に掛け捨てで保険に入ることになり、レンタル料として表示されている料金以外に保険料がかかることに注意が必要です。
車を所持していないため自動車税や車検、タイヤやオイル交換、故障時のメンテナンス費用などの維持費が不要になります。また、レンタルの前に店舗で洗浄や点検を行われているため、自分で洗浄、点検を行う手間が省けます。
返却時にはガソリンを満タンにしなければならない店舗もあるため、ガソリンスタンドを探す手間がかかります。
人数が少ない時は軽自動車、大人数であればワンボックスなどのように利用目的に合わせて車種を選ぶことができます。ただし、慣れない車を扱うため、運転ミスしやすくなるので注意が必要です。また、異なるカーナビが搭載されていることがあるため、利用に戸惑うことがあります。
利用の前に予約を入れる手間がかかります。繁忙期には予約が取りにくくなり、希望する車種を利用できないこともあります。

車を購入利用するデメリット

2014/07/25

車を購入して所有する場合、自由に使えるというメリットがありますが、デメリットも存在します。
最も大きなものとしては費用がかかることが挙げられます。車両本体の価格だけでなく、駐車場代や自動車税、車検やオイル・タイヤの交換などのメンテナンス費用が必要になります。また、自動車保険にも入る必要があり、ガソリン代も必要となります。これらを合わせると年平均では50万円以上かかるケースが多いです。人気のある車種であれば売却である程度の値が付くため、実質的な費用はこれよりも少なくなりますが、車の利用頻度が少ない場合、この維持費は割高なものになり、レンタカーやタクシーを利用した方が安くなります。
レンタカーなどでは業者がその都度洗車・点検を行っているため、綺麗で異常が起きる可能性の少ない車を利用できますが、車を所有した場合、各種メンテナンスなどを自分で行う必要があります。汚れが気になるのであれば頻繁に洗車する手間や、ワックス、コーティングなどを行う費用がかかります。また、車の設備についても異常がないか定期的に確認を行う必要があります。
また、1台しか所有していなければ使用目的に応じて車を切り替えることはできず、複数代所有すればその分各種費用も増加します。
これらのデメリットがあるため、メリットと比較してどちらが大きくなるか十分検討する必要があります。

車を購入利用するメリット

2014/07/25

車を購入して所有する場合、様々なメリットがあります。
自己所有している車であるため、制約を受けずに自由に使うことができます。車の中に私物を置いたままにもでき、自分で使用するため、気を遣わずに利用することができます。カーナビゲーションを搭載している場合、頻繁に行く場所を登録して残しておくこともできます。レンタカーやタクシーなどでは予約をしたり、利用できる場所まで移動する時間と手間がかかり、すぐに利用できるとも限らないため、所有することで緊急の時でも利用できるのは非常に便利になります。
人によっては趣味やステータスとして車を所有することもあり、自分の好きな車種を利用でき、車に手を加えることもできます。
身分証明のために運転免許を取得するケースも多くありますが、免許を持っているとそれをあてにされることもあるため、所有することで日常的に運転して慣れておくこともできます。
利用頻度が少ない場合、維持費が割高となりますが、仕事や買い物、送迎で毎日使用するようなケースでは割高とは言えず、利便性が高くなります。毎日レンタカーやタクシーを利用すると費用面で格別に安いとは言えず、手間がかかる分だけ不便になります。特に地方などの交通の便が不便な地域では車の利用が必須ともいえるため、日常的にレンタカーやタクシーを利用するのは現実的と言えません。

車を購入して利用する

2014/07/25

私たちが生活していく上の交通手段にはいろいろあります。
近場へ行くならば電車やバスやタクシーなど、遠方ならば飛行機や高速バスやフェリーなどあります。
都心で生活している人の中には交通手段としての自家用自動車は必要ないと言う人もたくさんいます。
ですが都心から離れ電車やバスの乗り場までが遠い、通勤に何度も乗り換えが必要で不便さを感じている人にはやはり自家用車があればとても便利です。
そういう人は毎日の自分の足代わりに車を購入します。
車にはいろいろな種類があり使う人や家族構成によっても選ぶタイプが変わります。
家族や友人、多人数でアウトドアをよく楽しむためならばミニバンタイプなど、通勤や日々の買い物に主に利用するなら燃費の良い軽自動車やハッチバックタイプの車を選びます。
また、スタイルや走行性を重視するならクーペ、いわゆるスポーツカータイプを選ぶ人も多いです。
普段の生活の中では特に必要がないとしても休日や長期休暇には車があるととてもいいです。
カーライフを楽しむことができるからです。
必要な時だけ知り合いなどに頼んで貸してもらうことも可能ですが、気を遣いながら乗るのと自分自身の車に乗るのとは気分が違います。
購入した車があればそれまで荷物が多くて電車などでは行きにくかった所にも行けますし、自分や家族など使う人の意見を考慮しながらまずここに寄って次はどこ、到着はこれぐらいなどと楽しく予定を立てることもできます。
実用的かつ楽しく利用できます。
車を買い、使い始めると行動範囲が広がり楽しめることは間違いありません。