車を購入利用するデメリット

車を購入して所有する場合、自由に使えるというメリットがありますが、デメリットも存在します。
最も大きなものとしては費用がかかることが挙げられます。車両本体の価格だけでなく、駐車場代や自動車税、車検やオイル・タイヤの交換などのメンテナンス費用が必要になります。また、自動車保険にも入る必要があり、ガソリン代も必要となります。これらを合わせると年平均では50万円以上かかるケースが多いです。人気のある車種であれば売却である程度の値が付くため、実質的な費用はこれよりも少なくなりますが、車の利用頻度が少ない場合、この維持費は割高なものになり、レンタカーやタクシーを利用した方が安くなります。
レンタカーなどでは業者がその都度洗車・点検を行っているため、綺麗で異常が起きる可能性の少ない車を利用できますが、車を所有した場合、各種メンテナンスなどを自分で行う必要があります。汚れが気になるのであれば頻繁に洗車する手間や、ワックス、コーティングなどを行う費用がかかります。また、車の設備についても異常がないか定期的に確認を行う必要があります。
また、1台しか所有していなければ使用目的に応じて車を切り替えることはできず、複数代所有すればその分各種費用も増加します。
これらのデメリットがあるため、メリットと比較してどちらが大きくなるか十分検討する必要があります。

コメントは受け付けていません。