車をレンタル利用するデメリット

レンタカーを利用する場合、デメリットもあるので注意が必要です。
レンタカーは維持費がかからずに経済的と言われます。しかし、利用料金にはレンタル料の他にも万一の補填のための費用も含まれており、毎日のように利用する場合には高くなります。
店舗が多いとはいえ近場にあるとは限らず、場合によっては店舗までの移動に時間がかかります。
比較的予約は取りやすいですが、人気のある車種は予約が取りにくいこともあります。また、繁忙期には予約が取りにくく、料金も高くなることがあります。
車を自分の好みにカスタマイズすることができないため、車を弄りたい人には向いていません。
車のナンバープレートが「わ」ナンバーになるため、レンタカーを利用していることが周囲から分かります。そのため、人によっては恰好悪いと感じることがあります。
様々な車種を利用することができますが、頻繁に異なる車種を利用しているとその車に慣れていないため、事故を起こしやすくなる可能性があります。
レンタカー会社によって異なりますが、ガソリンを満タンにして返却しなければならないことが多く、返却前にガソリンスタンドを探す手間がかかります。
店舗の営業時間によって利用できる時間に制限があります。24時間営業の場合でも深夜に利用開始、または返却する場合、深夜料金がかかります。

コメントは受け付けていません。