車をレンタルして利用する

レンタカーには次のような特徴があります。
使用するときだけレンタルするので駐車場が不要になり、費用を節約できます。しかし、店舗が近場にない場合、利用時・返却時には店舗まで行かなければならないので不便になります。
自動車保険に入る必要がないので保険料が節約できます。ただし、実際にはレンタルの際に掛け捨てで保険に入ることになり、レンタル料として表示されている料金以外に保険料がかかることに注意が必要です。
車を所持していないため自動車税や車検、タイヤやオイル交換、故障時のメンテナンス費用などの維持費が不要になります。また、レンタルの前に店舗で洗浄や点検を行われているため、自分で洗浄、点検を行う手間が省けます。
返却時にはガソリンを満タンにしなければならない店舗もあるため、ガソリンスタンドを探す手間がかかります。
人数が少ない時は軽自動車、大人数であればワンボックスなどのように利用目的に合わせて車種を選ぶことができます。ただし、慣れない車を扱うため、運転ミスしやすくなるので注意が必要です。また、異なるカーナビが搭載されていることがあるため、利用に戸惑うことがあります。
利用の前に予約を入れる手間がかかります。繁忙期には予約が取りにくくなり、希望する車種を利用できないこともあります。

コメントは受け付けていません。